効果が上がるヨガの注意事項 効果を最大に引き出す為全米ヨガアライアンスで正しい知識を!!

2015-09-18カテゴリ【全米ヨガアライアンス】の一覧

こんにちは^^
継続的な気まぐれな天気のため疲れますよね?
今日はヨガをするときの注意事項について、いくつかのお話をします。
ヨガ修練時の注意事項がある運動はありませんが、循環過程において
干渉を受けずにヨガをより効率的にするいくつかのお話です。

《ヨガ実行時の注意事項11種類》 1.ヨガを行う時は空腹の状態が効果的です。
ヨガのポーズの中で逆にする姿勢などが内蔵運動を手助けするためです。食事をした場合、少なくとも1時間程度後
食べ物がある程度消化がされた時、ヨガを行うことが望ましい。食事はヨガの後、30分を過ぎて
バランスの取れた食事に軽くお召し上がり頂くことをお勧めします。

2.ヨガの前後に暖かい温度で簡単にシャワーをします。
血液の循環を均等にしてくれて毛穴を開いてくれ、体の中にある老廃物が排出されやすい状態になります。
3. 明るいところで実行をするが、あまりにも暑い太陽の下で長時間するのは良くありません。
4.ヨガも有酸素運動なので、風通しの良い場所で実行をしてください。空気が良くないところでのヨガは、
むしろ健康に害を与える可能性があります。 5.膝や腕・頭などにけがをする可能性がありますので、床が均一でないところでは、
実行していません。ヨガマットやブランケットなどの柔らかくふわふわした材料を敷いて行うと効果的です。 6.ヨガを始めたばかりで慣れていない場合、目を開けて、自分の姿勢を見て間違った点を改めいくのが最も重要です。
7. ヨガの呼吸は口ではなく、鼻することです。最初は慣れていなくて大変だが、我慢して持続すると
早い時間内に慣れます。
8.ヨガをするとき顔面の筋肉や耳、目や呼吸するために過度の緊張があればなりません。急がずじっくり
精神を集中してください。
9. 生理期間には、ヨガを避けることをお勧めします。 10.分娩後一ヶ月間はヨガを実行しなほうがよいです。
その後も比較的簡単な姿勢から徐々に増やしていくことが
重要です。 11.ヨガは試合する運動ではなく、自己規律の方法です。多くの姿勢を一度にしようとする考えは危険です。
一つの動作を完全にすることができるまで何度も繰り返して身につけることが重要です。 そして、ヨガ時 最も重要だと考えないことは、ヨガのスーツです。
ヨガをするとき、なぜヨガ服を着るべきかについて説明します。
ヨガの修練時、最も重要なことは、精神を集中して動作を一つ一つ動かしていくことです。
ヨガのスーツは、そのようなヨガの特性をよく知っているデザインされています。その為ヨガのスーツがより効果的に修練をすることができます。
ヨガ動作時肩を何度も上下させるの動作が多いので、これを邪魔しないデザインが良く、
大量の汗をかくので、汗をよく吸収して排出されることが不可欠です。
これらのヨガの動作と特性を考慮して最適化を出てきたのが、ヨガのスーツです。 このように注意すべき点を知り着実に実行することで効果があがります。
ヨガ技術だけではなく、身体の詳しい働き等を全米ヨガアライアンスやヨガ教室で知り正しく行うことでヨガの効果が最大に引き出せます。

Write a comment: